♣納得!ママのための家計見直し塾♣

老後の年金どう確保する・・・

人生を長~い目で見ると、男性も女性も

最後に行き着く先は老後です。

なので、誰だって、老後の収入の柱となる年金は

少しでも多い方がうれしいと思います。

 

では、年金はどうしたらたくさんもらえるのでしょうか。

 

老後の年金額がどうやって決まるかというと

働き方だったり、加入期間だったり、

保険料の納付状況だったり、

お給料の額だったりで計算されます。

 

わかりやすくいうと

厚生年金に加入して働き(共済年金は厚生年金に統一されたので)

お給料が高い人ほど、加入期間が長い人ほど

たくさん年金をもらえます。

 

じゃあ、高給取りで、お勤めの期間が長い人は、年金をたくさんもらえるので安心かというと

厚生年金の保険料は毎月の給与と賞与に共通の保険料率をかけて計算されますが、

上限が設けられているので、現役時代の収入と年金のギャップは大きくなります。

 

なので、男性も女性も、高給取りの人もそうでない人も

老後の年金をいくらぐらいもらえるか、を

早い段階で、おおまかにでも把握することはとても大切だと思います。

 

老後の年金は、働き方だったり、保険料の納付状況で

現役時代につくるものです。

年金の基本を知っていると

将来設計や保障設計に役に立ちます。

 

また、人によっては60歳以降国民年金に任意加入出来たり、

65歳からもらえる年金を66歳以降に遅らせてもらうことで(繰り下げ制度)

年金を増やすこともできます。

老後の生活設計に年金の知識は役に立ちます。

 

これからの人生をおおまかにイメージして

老後の年金をどう確保するか・・・

を考えることはとても大切だと思います。

 

 

カテゴリー: 社会保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です